絵本を楽しく読み聞かせ!おすすめ日本語・ドイツ語絵本まとめ

子供関連

子育てのアイテムとして非常に有効なのが絵本ですよね。静かにしてほしい場面や朝のルーティン、夜寝る前のルーティンで読んでいるという人も多いのではないでしょうか。

この記事では私と子供たちが大好きな絵本をただただ紹介していきます。ドイツ語の本も日本語の本もあるので、どちらもぜひ読んでみてください♪

スポンサーリンク

絵本の役割って何?モンテッソーリ的にはどう?

絵本の役割って現実とはかけ離れたファンタジーを読むことで、想像力が生まれるのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。

モンテッソーリ教育的には『現実とリンクするような絵本がよい』とされています。

現実では動物が言葉を話したり、人間が空を飛んだりはしませんよね。

そういうファンタジーよりも、動物園に行ったあとに動物がたくさん載っている絵本を読んだり、お散歩でお花を見つけたらお花がキレイに描かれている絵本を読むことで、子供が自分の力で世界を広げることができると考えられています。

ぼら
ぼら

しかし私は『私たちが理解できないだけで動物たちも会話をしてるかもしれない』『私が知らないだけで世界のどこかには飛べる人間がいるかもしれない』と考えるタイプなので、絵本は片っ端からなんでも読みます!

ぼら
ぼら

単純に絵本って楽しいじゃないですか♪ドイツ語の絵本だってベビー用は使う単語も簡単ですし、初心者でも結構楽しく読めると思います。

他にもモンテッソーリ教育では、生まれたばかりのベビーには白と黒の絵本がいいなんてこともいわれますが、私はあまり気にせず読みたいなと思った本をどんどん読んでいます。

おすすめ絵本まとめ

アマゾンジャパンのリンクはドイツに発送可能です♪

我が家で大ヒット中の日本語の絵本0歳から1歳
どうぶつだあれ?

長男が生まれて3ヵ月のとき日本に一時帰国したときに買ったのですが、たぶんこの絵本は既に300回位読んでる気がします。『ぽろぽろぽろろ ぽんぽんぽーん』『ざくざぐざく ぎざぎざぎざ』など擬音がたくさん使われており、子供がワクワクしなが聞いてくれます。

だるまさんが

だるまさんシリーズ人気ですよね!我が家ももれなく大ファンになりまして、たぶんこの絵本も300回以上読んでます。長男が1歳のときは、1日10回位読むこともあったのでそれ以上かもしれないです。だるまさんの動きに合わせて子供も一緒に動くのが可愛くてたまりません。

しましまぐるぐる

ビビットなカラーなので、視力が弱い生後間もない赤ちゃんに刺激を与えるのにバッチリの絵本です。『しましま』と『ぐるぐる』しか書いていないのですが、カラフルで十分に楽しんでくれます。

いないいないばあ

『いないいないばあ』も人気絵本のひとつです。もうページをめくらなくても読めるようになりました♪長男が3ヵ月くらいのころから読みだして、10ヶ月くらいのころには絵本を見てニコニコするようになり、1歳すぎると「ばあ!」と反応してくれるようになりました。

じゃあじゃあびりびり

「全ての子供が最初に読むよ」と知り合いからおさがりを頂いたのですが、本当に何度も繰り返して読んでいます。『わんわん』『にゃんにゃん』などはこの絵本で覚えたんじゃないかと思うくらい大好きです。

にこにこばあ

長男の出産祝いに頂いて、長男のお気に入り絵本の1つです。絵具で感情を表現しているのが面白いなと思います。2歳半の現在でも読んでいます。

ねないこだれだ

いつもなぜか『にこにこばあ』とセットでこの絵本も読んでいた長男。おばけが出てくる絵本はこの絵本しか持っていないのですが、「おばけこわいー!」と言うようになりました。

ぴよちゃんのおともだち

このぴよちゃんシリーズは絵に癒されてます。ページごとに仕掛けがあり、子供たちも楽しいようです♪

ノンタン

なぜか子ども心をかっさらっていくノンタンシリーズ。長男はノンタンが大好きで、日中に必ず1回は「ママ読んで~」とノンタンの絵本を持ってきます。

がたんごとん がたんごとん

ずっと「がたんごとん がたんごとん」といってるだけの絵本ですが、ベビーにとっては楽しいようです。10ヶ月の次男も読み始めました♪

やさいだいすき

お友達からおさがりで頂きました。次男が楽しくペラペラめくってます。野菜がニコっとしていると次男もニコッとして胸キュン。

我が家で大ヒット中の日本語の絵本1歳から2歳すぎ
よるくまシリーズ

よるくまシリーズは私が個人的に大好きです。くまのこが真夜中に遊びにくるなんて夢があって読んでいてとてもハッピーな気持ちになります。クリスマスまえのよるの方は、長男が2歳のクリスマスの前に何度も何度も読み、「ぼくにサンタさんくる?」とドキドキしていました。

おおかみと7ひきのこやぎ

この本を読みだしてから、長男は自分が悪いことすると「オオカミ来るね、ダメね」と自分で反省することが増えました!絵は可愛いのですがストーリー自体はちょっと怖いですよね。イヤイヤ期の子どもにぜひ読んでみてください。

ねずみさんのながいパン

長男が1歳半くらいのときに頂いたのですが、私のほうが楽しくて何度も読んでいます。長男は言葉を吸収している時期だったので、どの動物が何を食べているかということも観察していて、教えてくれるようになりました。

がまんのケーキ

『だるまさんが』の作者の絵本です。絵が可愛らしくて、ケーキが本当に美味しそうに見え、食べたくなっちゃいます♪

どんなにきみがすきだかあててごらん

優しい絵のタッチに心を鷲掴みにされてしまいました。1歳になる前からたまに読んだりしていたのですが、『好き』という意識を覚え始めるのに適してる絵本だなと思います。今ではうさぎさんの真似をして『ママだーいすき!』とやってくれるようになり感激です。

ぞうくんのさんぽ

ぞうくんが友達を乗せてのんびりお散歩している絵がほっこりします。単純な話が楽しいらしく、続けて3回読むことも。

ぐるんぱのようちえん

ぐるんぱが色々なお仕事にトライするものの、最終的には幼稚園を開いたというお話ですが、親しみやすい絵でほっこりします。

もうぬげない

長男が大好きな絵本のひとつです。ちょっとドジな男の子の様子が見ていて「ふふっ」と笑わせてくれます。

うんこちゃん

我が家の子が男子だからでしょうか、すごく一生懸命聞いてくれるんですよね。トイトレをしていない我が家ですが、何か思うことがあるらしく、トイレに座ることも増えました。

100万回生きたねこ

有名な絵本ですよね。1歳すぎてから読むようになりましたが、最初は内容を理解していなかったのに、2歳半の今は少し理解して「えんえんしてるね」と状況を教えてくれるようになってびっくりです。

こどもずかん

子供用のずかんみたいな絵本があるといいなーと思ってたときに見つけたのがこちら。日本語と英語で動物や物の名前が書いてあり、言葉のインプット時期にとってもオススメです♪

えんとつ町のプペル

私が読みたくて買った絵本です!結構話題にもなりましたよね。日本語と英語が書いてあり、寝かしつけるときに英語バージョンを読むと高確率で寝ます。予想外な結末に何度読んでも胸が苦しくなります。

ぜったいにおしちゃダメ?

楽しそうな絵本だなー!と思って買ってみました。結果、届いた日に13回読み、1日1回は読んでいます。ワクワク楽しくなっちゃうので、日中に読む用におすすめです♪

1日10分でちずをおぼえる絵本

子供用というよりは私が読んでみたくて買いました!2歳の息子にはまだ何がなんだか分からないようですが、各県が分かりやすいものにたとえられているので、ペラペラめくる分には楽しいようです!

我が家で大ヒット中のドイツ語の絵本0歳から1歳
Kribbel-Krabbel

対象年齢12ヶ月以上となっていますが、長男は生まれてすぐのときからこの絵本を触ってました。ページごとに穴があって、動物の鼻になったり羽になったりして子供を笑わせてくれます♪簡単なドイツ語のみです。

Gute Nacht Gorilla

動物たちにひたすら「おやすみ」と言っていく絵本です。全てのページに風船が描いてあり、それを見つけながらページをめくるのが楽しいみたいです♪

Hör mal rein, wer kann das sein?

動物の鳴き声が聞ける絵本です。動物の種類によって触る感触が変わるのも面白いなと思います。このシリーズはたくさんありますが、我が家はアヒルさんのにしました。

Wimmelbuch

対象年齢が2歳以上書いてありますが、文字が書いてあるわけでもなくて、どこに何がいて何をしているかということを子供と話しながら読んでいく絵本です。

長男はこのタイプの絵本が大好きで、超真剣に集中して読んでます。言葉が出るようになってからはどこに何がいるか教えてくれます♪

我が家で大ヒット中のドイツ語の絵本1歳から2歳すぎ
Die kleine Maus wird niemals satt

私が個人的に今のところ1番大好きなドイツ語の絵本です。対象年齢が4歳からなので、少しドイツ語レベルは上がります。『ein knallroter Apfel』などの言葉の使い方が楽しくて、何度も読んでしまいます。

knallrotなりんごと聞くと、すっごく赤くて美味しそうなイメージになりませんか?♪

Meine ersten Gutenacht Geschichten

長男の2歳の誕生日プレゼントで頂いてから、たぶん週に5回はこれを読んで寝ています。なぜだかこの絵本を読むと、気持ちよさそうに眠りにつくんですよね。ドイツ語も簡単な表現だけなので、初心者のママでも読んであげられるはず♪

Knuddle mich!

指を入れて動物の手として動かしながら読む絵本です。駅の本屋さんで試しにやってみたら、笑いながら聞いてくれるのでお出かけするときなどに持っていきます。

Matti und die Sachen mit dem Marmeladenbrot

このMattiの絵が可愛いです♪話はシンプルなのですが、絵がとにかく可愛くて、長男も好きな絵本です。

Der Grottling

ドイツ語レベル一気に上がって、これは結構難しい表現も出てきます。文字数が増えるので、寝る前に読むとこの本だけで寝てしまうこともあります。この作者の絵本の絵が個人的にツボです。

Unser erster Tag – Im Tierkindergarten

幼稚園に行くようになってから「これ読む!」という回数が増えました。自分が幼稚園に行っていることと、絵本の中の動物たちがリンクするのかもしれません。

Peppa spielt Verstecken – Mein lustiges Klappenbuch

大人気のペッパーピッグの飛び出す絵本です。めくるのが楽しくてワクワクしながら聞いてくれます。我が家はこれの英語バージョンも読んでます。

我が家で読んでる英語の絵本
Hugsless Douglas

我が家で大ヒット中な英語の絵本のシリーズがこのHugsless Douglasです♪ちょっと不器用な主人公のクマさんが可愛くて読んでいてとっても楽しい絵本です。英語もそんなに難しくないので、苦手なママでも大丈夫♪

Corduroy

アメリカにいる友達に教えてもらって買ったのがこのシリーズ。たくさん文字があるように見えますが、中学英語なので何回か練習すれば読み聞かせも問題なし♪素直で可愛いクマさんが可愛いです。

今から買おうと思っている絵本

「もうぬげない」の作者の絵本が読んでてすごく楽しいので、もっと読んでみたいですー♪

絵本を読み聞かせして子供の能力を伸ばそう!

読み聞かせ中に読み手である母親の脳では前頭前野が活発に働き、聞き手である子どもの脳では大脳辺縁系が活発に働いていることがわかりました。

前頭前野は、思考や創造力、コミュニケーション、感情のコントロールといった機能を司り、大脳辺縁系は喜怒哀楽を生み出し、その感情に基づいて基本的な行動を決めている部分です。

http://www.p.u-tokyo.ac.jp/lab/ichikawa/johoka/2008/Group3/yomikikase_eikyou5.html

ここで紹介したのはほんの一部なのですが、我が家で大ヒット中の絵本を紹介しました。読み聞かせをすることで情緒発達、想像力、集中力、語彙力などさまざまな能力が鍛えられます。

大好きなママやパパに読んでもらうことで、子供とのコミュニケーションにもなります。お気に入りの絵本を探して、たくさん読み聞かせしてあげましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました