結婚したい女子必見!結婚したいあるある・婚活するときの3ヶ条

恋愛・結婚

20代半ばから30代前半の女性は、周りから結婚適齢期と言われることが増えますよね。

自分ではあまり意識していなかった人でも、周りから言われることで急に意識しだす人もいるかもしれません。しかし結婚したいからといって焦って婚活してもなかなか上手くいかないもの。

そこでこの記事では結婚したい女子のために、結婚したいあるあるや結婚したいと焦って失敗してしまうケース、結婚したいと思ったときに忘れてはならないことをまとめました。

スポンサーリンク

結婚したいと焦る理由あるある

あまり結婚を意識していなかった女性でも、年齢を重ねていくうちに焦ってしまうことがあります。まずは結婚したい理由あるあるを見ていきましょう。

周りがみんな結婚した

結婚適齢期になると結婚式に呼ばれる回数が増えてきますよね。あまり恋愛に興味がなさそうだった友人から突然「結婚したよー!」などとLINEが来ると、ドキッとしてしまう人もいるでしょう。

一人、二人と周りがどんどん結婚して、仲のいい友達グループは自分以外結婚したとなると、自分だけが取り残されてしまった事実に焦ってしまうのです。

出産にはリミットがある

将来的に子供が欲しい女性が考えてしまうのが出産問題です。結婚はいくつになってもできる可能性がありますが、出産にはタイムリミットがあります。

もちろん早く結婚したからといって子供を授かれるかどうかはわかりませんが、どうしても子供がほしいという女性にとっては結婚を焦る理由になるでしょう。

体力的に仕事を続けるのが辛い

男性・女性関係なく、今は女性もバリバリキャリアを築く時代になりましたが、現代になったからといって女性の体が以前より強くなったわけではありません。

年齢を重ねるほどにホルモンバランスが崩れやすくなる人もいますし、体力が落ちてしまうこともあります。

とくに立ち仕事や体力勝負な職種で働いている人は、結婚してフルタイムからパートタイムに変えたい…と考えてしまうこともあるでしょう。

このまま一生独身なのではないかという不安

周りが結婚していくと、『自分はこのまま一生独身なのではないか』という漠然とした不安に襲われることがあります。独身が悪いということではありませんし、一人で生きていける能力があることは素晴らしいことです。

しかしパートナーと生きていきたいと考える人にとっては、一生独身かもしれないという可能性を考えると、焦って結婚したいと思うのかもしれません。

親からのプレッシャーがある

世は令和になりましたが、今でも結婚に対する親からのプレッシャーが消えることはありません。

「結婚はまだなの?」「早く孫の顔が見たい」などとストレートに言わなくても、「誰かいい人いないの?」とさりげなく気にされてしまうと、それだけでプレッシャーに感じてしまう人もいるでしょう。

自分でもそろそろかなと思っているだけに、親から言われると「私もそんな年になったか」と急に現実味が増し、結婚したいと焦るようになるのです。

結婚したいと焦って失敗してしまう原因4選

結婚したいからと焦りすぎると、大切なものが見えなくなって失敗してしまう人も少なくありません。ここでは失敗しがちな4つの原因を紹介します。

スピード重視しすぎて相性の確認不足

今すぐ結婚したい!とスピードばかりに気を取られて、よく自分と相手の相性を確認せずに結婚してしまうパターンです。

婚活パーティーや結婚相談所で知り合ったり、恋活アプリやマッチングアプリで知り合うと、ある程度結婚したい気持ちを先に伝えることができます。

そのためメッセージのやり取りをする中で相性が良さそうだなと感じると、スピーディーすぎる展開で結婚してしまう人がいます。結婚はスタートでありゴールではないので、婚姻届を提出することに全力を注ぐと、そこから上手くいかない可能性も。

スペックだけをチェックする嫌な女に変身

婚活のときは誰だってスペックをチェックします。外見・収入・学歴は相手をのパーソナリティを作ってきた一部なので、もちろん大切なポイントです。

しかしスペックだけにとらわれると、相手の人間性を知るチャンスを逃してしまう可能性があります。

「少し見た目が好みではなくても一緒にいて居心地がいい人」や、「収入は希望より少ないけど趣味が合いそう」などスペック以外のポイントが毎日の生活では必要不可欠です。

自分のことは棚に上げて相手のスペックばかりを気にするような嫌な女になると、幸せな結婚からは遠のいてしまうでしょう。

恋人ができるとすぐに結婚したいアピールをする

あまりに結婚したい願望が強すぎて、恋人ができるとすぐに結婚したいとアピールする女性がいます。今すぐ結婚したい男性であればそういった女性もウェルカムかもしれませんが、大多数の男性は引いてしまう可能性が高いです。

付き合ったからといってすぐに結婚の話しをするようでは、相手に重いと思われてしまい、フェードアウトされてしまうかもしれません。

婚活のペース配分が下手

婚活は体力勝負です。相手ありきなことなので、最初からエンジン全開で飛ばしてしまうと、断られる回数が増えて、自分のメンタルもたないことがあります。婚活のペース配分を上手くコントロールできる人ほど余裕を持って婚活することができ、良い結果につながりやすいといえます。

結婚したいと思ったときに忘れてはならない3ヶ条

どんなに結婚したいと焦っても、結婚したいと思える相手がいなくては話しになりません。結婚したいと思ったときに忘れてはならない3ヶ条を紹介します。

現実的なビジョンを考える

結婚したいと思ったら、現実的な結婚後のビジョンを考えてください。イケメンで高学歴で優しくて高収入の人は、女優級の美女で料理が上手くて、さりげない気遣いができる純粋な女性を選びます。

自分を過大評価せずに現実的な条件を考えることが大切です。

周りに惑わされないで自分のペースで婚活する

焦って婚活をして失敗しないためには、周りに惑わされないで自分のペースで婚活することが大切です。数うちゃ当たるではないですが、婚活は「この人だ!」と思える人に出会えるまでに時間がかかります。数人出会った中で結婚を決める人もいるでしょう。

しかし友達がそうだからといって自分までそうする必要は全くありません。「この人となら毎日楽しく暮らせそう」と思える人に出会えるまで、自分のペースで続けることが大切です。

なるべく早めに行動に移す

将来的に結婚したいと思っているならば、なるべく早めに行動に移しましょう。年齢はただの数字ですが、こと出産においてはそうもいきません。絶対に子供をもちたいと思っている人は早め早めに行動することで、余裕を持ってパートナー選びができるはずです。

結婚したいと思ったら行動に移そう!

どんなに結婚したいと思っても、家と仕事の往復だけでは出会いは限られています。

婚活サイトや結婚相談所に登録したり、マッチングアプリなどを使ってみるのもひとつの方法です。

結婚したいと思ったらどんどん行動に移し、素敵なパートナーと出会いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました