産後ダイエットはいつから?お腹の写真&効果大なダイエット方法を紹介

妊娠・出産
ぼら
ぼら

こんにちはー!ぼらです!(@boralog0310

妊娠・出産・産後、女性の身体は目まぐるしく変化します。普段は小食な人が妊娠中大食いになったり、つわりで全然食べれなくて増えるどころか減ってしまうという人も。

この記事では産後ダイエットはいつからしていいのか、実際にやってみて効果があったなと感じる方法を紹介します。

スポンサーリンク

産後ダイエットはそもそも必要?

妊娠中の体重増加は人によって大きく異なりますよね。私は長男のときは12㎏増、次男のときは14㎏増でした。

赤ちゃん3㎏、羊水2㎏、血液2㎏、子宮1㎏

こう考えると、約8㎏分は必要なものだったわけで、全てが脂肪だったわけではありません。

骨盤がしっかり閉まって元の位置に戻り、身体の浮腫みが取れていけばそのうち体重も戻るという人もいます。これは体質によるところも大きいので、一概に全員が当てはまるわけではありません。

私の場合長男のときは何もせずに産後1ヶ月で体重が戻り、出産前のジーンズを履くことができましたが、次男のときは体重も3㎏多いし、元の体重に戻るのに2ヶ月かかりました。

感覚的には出産前に日常的に運動していたり、元々細身の人は産後ダイエットをしなくても、そのうち体重は戻るような気がします。

筋肉があれば脂肪が消化されますし、母乳でカロリー消費もできるので、自然にまかせるのもアリです。

ミルク育児や運動不足の人はカロリーが消費されないので、そのままではなかなか痩せない可能性もあるので、産後ダイエットしてみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

産後ダイエットはいつからしていい?

一般的には出産後3週間してから産後ダイエットをしていいといわれています。1ヶ月検診で問題がなければ少しずつスタートしてみましょう。

産後ダイエットはとくに産後から6ヵ月以内が効果が出やすい時期です。

※産後の回復には個人によって大きく異なります。痛みがある場合は絶対に無理しないでくださいね!

産後ダイエットに効果大なダイエット方法

私はジムでやるようなきっつーいトレーニングは嫌いなので、ゆるっとのんびり身体をほぐすイメージでやってました。そのなかでもとくに効果があったなと思うダイエット方法を紹介します。

産後ダイエット方法1 食生活は野菜いっぱい

私は妊娠中に妊娠糖尿病になったこともあり、妊娠後期は野菜をたーくさん食べました。その生活に慣れたので産後も野菜をたくさん食べる生活を続行。

山盛りサラダを食べてから白米やお肉を食べるように意識するだけで、血糖値の上がりが緩やかになり、結構な量を食べても脂肪を増やさないでくれます。(もちろんドカ食いはNG)

母乳育児中はとんでもなくお腹が空くので、おやつにはりんご、スイカ、バナナなどを食べてました。

産後ダイエット方法2 横になって脚をV字にしてゆらゆら

夜中の授乳や寝不足が続いているのに、トレーニングなんてしたくない!と思って、横になってできることを探していたときに発見したのが、脚のトレーニングです。

横になってテレビを見ながら脚をひたすら動かすだけ!自転車こぎでもいいですし、ゆらゆらと上下左右に上げたり下げたりするだけで、脚がほっそりします。

自転車こぎ→脚クロス左右→脚ゆらゆらの順番で繰り返しやりました。

テレビを見ながらできるのであまり疲れを感じませんし、気が付いたら30分もやっていた!なんてことも。

※会陰切開した人は切った場所が痛む場合があるので、痛みがあるときは絶対に無理しないようにしましょう。

スポンサーリンク

産後ダイエット方法3 腕を真横に伸ばしてゆらゆら

二の腕が気になる人は赤ちゃんを抱っこ紐に入れて、両腕をフリーな状態で真横に伸ばし、ゆらゆら上下に動かしましょう。超簡単に思えますが、2分もその状態でいるとプルプルと震えてきます。私は2分を5セット位やりましたが、自分ができる範囲でOK!

産後ダイエット方法4 着圧レギンスを履く

産後ダイエットに欠かせないのが、骨盤を元の状態に戻すことです。本来骨盤は何もしなくても1ヶ月から2ヶ月かけて閉まっていきますが、私は早く戻ってほしかったので着圧レギンスを履いて、骨盤を閉めるお手伝いをしてもらいました。

私は浮腫みというものがよくわからなかったのですが、着圧レギンスを3日履いて寝てみると、その次の日脚がほっそりしてたんです!

日中は抱っこ紐してトイレに行く生活だったので履かずに、夜寝るときだけ履いていました。それでもこんなに効果が出るんだと感動!

今でも浮腫んでるかも?と思ったり、脚が疲れてるなと思ったときは履いています。そして姿勢を正してくれるので、腰痛がだいぶ楽になりました♪

ぼら
ぼら

抱っこ紐しながらトイレに行くのに、着圧レギンスでは脱げないので産後数ヶ月は寝るときだけ!ずっと抱っこ紐生活が終わった今は浮腫んでるなと感じたら日中履く日もあります♪

産後ダイエット方法5 おうちフィットネスmamaトレを利用する

産後は体がボロボロになっているので、自分でやるよりもプロのアドバイスを受けながらやるほうがいいこともあります。産後は正しい知識がないと、ストレッチをしても逆に体に負担がかかる可能性も。

・育児や家事が忙しくてジムに行く余裕がない

・コロナウイルスが心配

・子どもを連れてジムに行くのは大変

・自分でやってみても、イマイチしっくりこない

これらの項目に1つでも当てはまる人におススメなのが自宅でできるmamaトレです!

mamaトレでできること

・パーソナルトレーニング

・ヨガ

・骨盤&姿勢改善ストレッチ

・親子トレーニング

・親子ヨガ

・マタニティヨガ

1回のトレーニングは25分~なので、忙しいママでも家事の休憩時間にすることが可能です!

インストラクターがマンツーマンでサポートしてくれるので、一人では頑張れないという人でも大丈夫。

当日予約やキャンセルも可能ですし、自分のペースで子供と一緒に参加することもできます。

無料体験もできるので、気になる人はやってみてくださいね♪

産後の体型の変化

私の次男出産後のお腹の変化を写真とともに紹介します。これから出産する方の参考になれば嬉しいです♪

出産前と産後5時間の写真を比べると、お腹の位置が下がったのが分かりますね。そして何もしなくても、2日、3日と減っていくんですよねぇ。人間って不思議!

スポンサーリンク

産後10日もするとお腹の見た目は戻りました。しかし体重はまだプラス9㎏位。産後1ヶ月で、プラス2㎏位まで戻り、産後5カ月の時は出産時の体重からマイナス18㎏になってしまい、痩せすぎでした。

そして現在は見事に妊娠前の体重に戻り、卒乳して食事量も変わりませんが体重はキープしています。

日々の育児で以前より筋肉が付いた気がするので、そのおかげかもしれません。

着圧レギンスを履いて浮腫が取れて、なおかつ骨盤を支えてくれたのも大きいです!

産後ダイエットは無理をせずに身体を労わりながらやろう!

ママの身体は出産でボロボロ、産後の怒涛の育児ボロボロ、ホルモンバランスの乱れでメンタルもボロボロ。とにかく身体に優しい生活をすることを心掛けましょう。

「早く産後ダイエットしたい」「元の体型に戻りたい」と思っても、ストレスを感じながらするのはすごく辛いです。自分ができる範囲で少しずつスタートしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました